ネットショップの信頼性

ここのところネット通販が増えていることもあり、それに伴ってネット通販詐欺のニュースで多く報道されています。その手口は決済後に商品が発送されないだけではなく様々なケースがあるようです。また、ネット通販ではありませんが、詐欺事件にはならないような形でサービスをネット上から提供する悪質なケースもあるようです。

eccube3.0_top.PNG

ネットが普及する以前は通販は比較的規模大きな会社がテレビやラジオ、新聞などの広告媒体を使って商品を宣伝販売していましたが、パソコン、インターネットが一般家庭に普及して、今では個人でサーバーを借りて手軽にネットショップを運営することができるようになりました。以前はネットオークションなどを利用して個人が商品を販売する方法が主だったのですが、そこでも代金を支払っても商品が届かない、不良品や掲載された商品と異なるものが届いたなど多くに問題がありましたが、今は簡単にネットショップを開店できることもあり、不正行為を目的にサイトをオープンさせるケースも多いようです。

eccube3.0_0.PNG

個人でも法人でも真面目にネットショップを運営している者にとっては一部の不正行為をする業者によってネットショップの信頼性が下がるのは問題ですね。アマゾンなどの知名度があるサイトではその影響はほとんどないと思いますが、消費者が個人で運用しているような小規模なネットショップで買い物をする場合には「代金を払っても商品が届くだろうか?」など不安を持つのも当然に思います。

eccube2.13.png

ネットショップは無店舗でもオープンできるためネットショップに多くの種類の商品を掲載し、サイトのデザインを大手のネット通販会社のようにしているものも多くあるので、消費者がそういうサイトに安心を感じ商品を購入するケースは多いと思います。大手のネット通販会社のようなサイトは多くあるのですが、電話番号が携帯電話だったり、0120の番号から電話が携帯電話などに転送されていたりと違和感を感じる場合があります。また、住所をgooglemapから見てみると店舗や事務所ではなく一般の住宅だったりします。(個人でネットショップを運営している場合は当然ですが)

また、大手のネット通販会社の偽サイトもあるようなので、さらに注意が必要です。公式サイトでは偽サイトの情報を公開しているので、詐欺被害にあわないためにはウェブアドレスを確認してからの注文も必要になります。

そのネットショップで買い物をすることに不安があるのであれば、最低でもそのネットショップを運営する会社が存在していて営業活動をしているかどうかがを確かめてからが良いと思います。完全にその会社の情報を把握することは出来ませんが、最低でも以下のようなことは確認しておいたほうが良いと思います。

1.固定電話番号の有無、0120や固定電話から電話が転送の有無、実際に電話をかけて話してみる(電話の転送はそれ自体には問題がありませんがその会社に常時誰もいないことは確認できる、中には海外へ転送されるケースもある。

2.住所をgooglemapから見てみる、

3.会社の情報としてネットショップ内やその会社のホームページが別にあるのであればそこに会社の沿革が記載されている、

4.メールアドレスの@以降(ドメイン)がネットショップ名、またはサイトを運営する会社のドメインになっているか、匿名で登録できるフリーメールかどうか、または海外のドメインになっている(例、.ru .ukなど)かどうか

4.クレジットカード決済の有無 クレジットカード決済とネットショップで使うにはクレジット会社の審査が必要になるため、信頼度を示す一つの目安となります。

その他にも視点を変えてみれば様々な確認事項はあると思いますが、以上のようなことを確認していくと問題のある会社にはどこかに不自然な点があると思います。

eccube2.13.5.PNG

ネットショップを運営する側では最低でも問い合わせに答えるための常に誰かが応対することができる電話番号、拠点住所の表示、独自ドメインのメールアドレス、クレジットカード決済などは必要になります。

スポンサード リンク