eccube-2.12多言語の価格表示設定

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

eccube2.12.6en-p1多言語の価格設定は初期設定ではTax includedになっています。どういう形態で販売するかによって表示方法は変わってきますが、ここの表示を変更するには、Product list page、Product details page、Recommended productを編集します。

2.12.6en-p1_14.JPG

Page detail settingsからProduct list pageを編集します。 例ではTax includedをFOBに変更しています。

<!--★価格★--> の下にある<!--{$smarty.const.SALE_PRICE_TITLE}--> (Tax included):を<!--{$smarty.const.SALE_PRICE_TITLE}--> (FOB):へ変更します。編集するコードはProduct details page、Recommended productも同じです。編集が終わったら、Registerボタンを押して完了です。

eccube2.12.6en_p1_tax_included2.PNG

Page detail settingsからProduct details pageの編集

Product details pageは通常価格、販売価格と関連商品にあるSALE_PRICE_TITLEの3か所を編集します。

eccube2.12.6en_p1_tax_included3.PNG

Block settings からRecommended productを編集

eccube2.12.6en_p1_tax_included1.PNG

eccube2.12.6en-p1では消費税の設定がBasic information > SHOP masterのConsumption sales tax rateにあります。初期値では日本の消費税率5%になっているので、海外の国内で販売するのであれば現地の税制に合わせます。

最近はネット通販でを利用してサイトから商品を購入するケースが多くあるので、その逆に日本からネット通販でEMS、DHL、FEDEXなどを利用すれば簡単に海外へも販売、発送ができるようになりました。販売者は発送までが仕事になるので、現地での関税や消費税に類する税金は客である現地輸入者が支払うので、消費税のeccube2.12.6en-p1の設定では0%になる場合がほとんどになると思います。

輸出の場合は現地で輸入できない物や日本から輸出できない物が定められている国もあるので注意が必要です。雑貨などの小物であれば国内の手続きは配送業者はが代行して行ってくれるので問題はないのですが、船を使って送るような家電品や自動車のような物は国内の輸出手続きが複雑になり、輸出のための検査や各種証明書が必要になる場合もあるので注意が必要です。

スポンサード リンク