ザンビア ルサカのバスターミナル

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ザンビアでは電車(ディーゼル列車)はありますが、交通機関としてはほとんど利用されていないようです。都市部ではタクシーやハイエースバンにシートを追加したミニバスが使われていて、都市から都市を結ぶのは日本でマイクロバスとして使われている29人乗りのバスと60人乗りの大型観光バスが利用されています。

lusaka_bus_terminal.JPG

日本では都市部の大きな駅ではその駅を中心に商業施設が多数あり賑わっているのですが、ザンビアではバスターミナルに多くの商店が並んでいて賑わっています。

ここに並んでいる商店などの写真をもっと撮りたかったのですが、友人が写真を取ったときに、トラブルになってしまいました。ここに出店している業者かバスの運営をしている会社の方なのかはわかりませんが、写真を撮った瞬間に激しく言い寄られてしましました。この場所に限らず商売をやっているところでの写真撮影は気を付けた方がいいですね。たぶん商売のやり方を盗み撮りしていると思われたようです。

多く並んでいる商店は小さな商店で、日本の駅前にあるような大きなデパートや高層ビルのような商業施設はありません。これらの商店では食料品や雑貨などが売られています。ザンビアの首都ルサカには大きなショッピングモールも多数ありますが、それらは幹線道路沿いにあり、駅前やバスターミナルにはありません。ショッピングモールは最近できたものが多く、ルサカのバスターミナルでは昔からあるザンビアの商店の風景を見ることができます。

ルサカの中心部には道路沿いに多くの昔ながらの露店商店が集中する場所があり、大きなショッピングモールはありますが、今でも露店商店が生活用品を買い物をするための中心になっているようです。

lusak_shopping_mall3.jpg lusak_shopping_mall1.jpg

首都ルサカのバスターミナルといっても屋根付きの場所には数台程度が駐車できる程度でその周りに駐車できるスペースを合わせても全体では30台から40台程度くらいに見えます。

victoria_falls3.jpg victoria_falls1.jpg

ザンビアには観光列車がありルサカからビクトリアフォールのあるリビングストーンなどの観光地へ行っていて世界の車窓からでも紹介されていますが、大型観光バスで現地の生活習慣などを見ながらの旅もいいのではないかと思います。

スポンサード リンク